子どものワキガ対策|中学生の息子のワキガに悩みまくって実践したボトックス注射とワキガクリームのリアルな体験談

中学2年生の息子のわきがに3年間悩み、ボトックス注射や使って良かったワキガクリームなどリアルなワキガ対策体験談です。

わきがについての豆知識

こどものワキガが起こる年齢と低年齢化している原因とは?

更新日:

こども_わきが_子どもわきが_中学生わきが_高校生ワキガ_小学生わきが_小学生ボトックス注射_わきが対策

 

こどものワキガで悩んでいる方が多いようですね。
このブログにも同じような悩みを持って来られている方が多いです。

こどものワキガって何歳ごろから起こるんでしょうか?

息子の場合は小学校5年生ごろまでは体臭がきついなと感じることはありませんでした。
年齢が上がるにしたがって、汗臭いなというにおいは強くなりましたが。

一番下の弟は小学校1年生。ぜんぜん臭くないんですよね。
髪の毛とか、ほっぺとか、とてもいいにおいがして抱きしめてはクンクン嗅いでいます( ´艸`)

期間限定だな~と思いながらね。

じゃあ、子供は何歳くらいから ワキガと分かるようになるの?と言うと、もちろん個別差もあるんでしょうが、ホルモンの分泌が盛んになる思春期頃(小学校高学年~中学)からニオイが強くなるそうです。

特に女の子は初潮を迎えた頃からワキガ臭が強くなるようです。

我が家は女の子がいないのでわかりませんが、月経が始まってくると男子とは違うにおい対策をしてあげなければいけないでしょうから大変だなと思いますね。

 

こどものワキガが低年齢化している原因

一昔前、「わきが」と聞くと大人がなるものというイメージしかありませんでした。
なので息子がわきが?と思ったときは、いやいやまだ小学生だし、そんな事はないよねと思ってたんですけど。

でも最近では低年齢化してきて、小学校の低学年でもワキガ臭が出る子がいるそうです。

この低年齢化ってなぜなんでしょうかね?

原因としては、食生活の欧米化などで子どもの肉体的な成長が早まってきていることにあるようです。
やはり現代の子はお肉中心の食生活になってきていますものね。

昔は野菜、魚、お米が中心の食生活でしたが、現在のお肉中心の食生活で動物性たんぱく質や脂質の摂取量が増えたんだろうなと思います。動物性たんぱく質や脂質はアポクリン汗腺を刺激して分泌活動を促進し、より強いワキガ臭を出すようになるのです。

食生活が変わってきたことによる低年齢化というのは、とてもわかるなぁと思います。

私は東南アジアが好きで若いころよく旅行をしていたんですが、その土地の人は、その国独特のにおいがします!
インドネシアに行けば強いスパイスのにおいが体からしますし。

インドネシアの中でもバリ島に行くと、スパイシーさに、さらにお香のにおいもブレンドされています。。かと言って私はその国の独特な雰囲気や香りが好きなので気にはならなかったんですが。

明らかに普段食べてるものからのニオイなんだなと思います。
スポンサードリンク

やはり食生活を変えていくことは大切

食生活が原因でワキガの低年齢化が進んでいるとしたら、やはり食生活を見直していくことは必要ですね。

スポーツをしている育ち盛りの子供がいると、どうしてもスタミナのつくものや高カロリーなものを食べさせてしまいがちなんですが、必ずアルカリ性食品で「中和」するということを考えていかないといけないですね。

息子の場合は即効性のあるボトックス注射に(今後打つかはまだ未定)、長期的な目線で見る食生活の見直しでにおい対策を続けていかなければなと思います。

ブログランキングに参加中です。 にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ

-わきがについての豆知識
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 子どものワキガ対策|中学生の息子のワキガに悩みまくって実践したボトックス注射とワキガクリームのリアルな体験談 , 2018 All Rights Reserved.